ドッグフードおすすめ比較大百科

ドッグフードおすすめ比較大百科 トップページ » キャットフードを犬に与えてもいいの?

キャットフードを犬に与えてもいいの?



犬と猫は、人懐っこく種類も多いため、

ペットの中でも

人気が高くなっています。



犬と猫の多頭飼い



犬と猫を一緒に飼育している

ご家庭も増えていますが、



よくある問題では、

犬が猫のキャットフードを

食べてしまうことが
あります。





キャットフードのほうが塩分が多く、

味が濃い
ですし、



ドッグフードに比べても

カロリーが高くなっています。





また、キャットフードのほうが

味がおいしいため、犬がよく食べる

傾向がありますが、これは要注意!





キャットフードは塩分が多いため、

長い間犬が食べ続けると

肝臓病や腎臓病に

罹ってしまうことが
あります。





キャットフードは塩分が多すぎる



犬や猫の成長段階によって、

必要な栄養素が違いますし、

わざわざ分けて作られているため、

犬にはドッグフードを

食べさせることをおすすめ
します。





犬のほうが猫に比べると、

雑食の傾向があるので、

塩分が少なく、無添加の野菜や肉類を

使用している高品質な

ドッグフードを選ぶように
して下さい。





年齢に合わせたドッグフードを与えましょう



動物病院に定期的に通院をしている場合は

犬の年齢や持病に合わせた

おすすめのドッグフードを

動物病院で購入すると良い
でしょう。



愛犬にエサを選ぶときは



犬は、年齢を重ねると

歯の病気に罹りやすくなるため、

歯石が付きにくい

ドッグフードを選んであげて下さい。





子犬の時は、豊富な栄養素が必要なので、

子犬用のドッグフードを

与えてあげましょう。