ドッグフードおすすめ比較大百科

ドッグフードおすすめ比較大百科 トップページ » ドッグフードに含まれる危険な添加物とは

ドッグフードに含まれる危険な添加物とは



ドッグフードの添加物を見てみると、

色々な添加物が加えられていて

驚くこともあります。



添加物の入ったドッグフードは与えない



大切な愛犬には、

安心出来る無添加のドッグフードや、

危険のない最低限の添加物で

おさえられている

ドッグフードがおすすめです。







添加物の中には、

愛犬の健康を害す恐れのあるもの、

安全性が確認されていないものも
あります。



ドッグフードを選ぶさいには、

絶対に気をつけましょう。





気を付けるべきドッグフードの添加物の例



亜硝酸ナトリウムは、

保存料や肉などに赤色着色を

つけるために使用されていますが、



魚肉、肉などに含まれる

アミンという物質と

胃の中で化学変化を起こし、

発ガン性物質が生じます






プチルヒドロキシアニソールは、

抗酸化剤として使用されていますが、

アメリカでは膀胱ガン、甲状腺ガン

を誘発する危険性がある


言われています。





エトキシキンは、

抗酸化作用があり、ビタミEより

安価のため使用されていますが、



もともとはゴムの生産に

用いるために開発され、

人の食品への添加は認められておらず、

安全性も不明
です。




着色料にも注意しましょう



赤色3号や40号、青色2号などの着色料も、

発ガン性物質の可能性や、

甲状腺異常
など

様々な危険性が報告されています。



グリシリジンアンモニエート

甘味料ですが、人の食品の

添加は認められていなくて、

安全性は不明です。





人の食品の添加は認められず、

ドッグフードには認められると

いうのもおかしな事ですね。





ですので、ドッグフードは

成分表や添加物も、きちんとチェック

安心出来るものを

あげるのが、おすすめです。